起立性調節障害 10代女性 3回施術を受けた結果

起立性調節障害と診断された10代 女性の 臨床の経過 
2月22日から3回施術を受けた経過

中学2年生の夏から具合が悪くなり、その年の冬には学校に行けなくなり
病院で起立性調節障害と分る

地元の起立性調節障害の治療?をしている整体へ週二回で計25回行くが、むしろさらに症状が悪くなった印象があるとのこと。

症状は毎日起こる頭痛

全身の倦怠感 

肩のコリ

ベッドに入ってから寝付までに、2時間から2時間半はかかる

二回施術を受けた際は、寝付くのに五分位で眠れるようになったとのこと。

三回施術を受けた後、体調を聞くと

雨の日と、朝の一時間は頭痛がするが、それ以外は頭痛はしていないとのこと。

それと以前はいつも横になっていたが、今は全く横になっていないという事でした。

全ての来院される方が、今回の様に3回の施術で順調に回復するわけではありません。

80%位の方は順調に回復されていきますが、最低でも3回は体調の変化が起こるまでには必要な方もいます。
車いすで来られる方もいますが、このような方は当然3回では無理です。

劇的に良くなる方で、圧倒的に多いパターンが、小さいころに骨折や頭を打ったり、高いところから落ちたりなど、
怪我をしたことがある方です。 

本人がまたっく関係ないと思っている、もしくは思い出せないような怪我や傷が、
起立性調節障害の原因になる場合が、早期で回復するケースだと主観でとらえています。

結果として起立性調節障害の症状である、頭痛、だるさ、めまい、腹痛などが起きているが、
原因は人それぞれで違うのではと言うところです。


池袋駅 徒歩一分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 未分類, 起立性調節障害 | コメントをどうぞ

起立性調節障害と診断された子供が劇的に回復する理由と原因についての考察

大学病院に起立性調節障害と診断されて、ありとあらゆる検査を受けたそうです。
しかし、半年後の先月に、当院ではできることはもうありませんと、さじを投げられたとのこと。

そこで別の解決策はないかとhPをみて池袋のこころとからだの整体院に来られました。

症状は毎日腹痛があり、朝起きた時から、お腹が痛いのが二時三時まで痛むとのこと。

他には、日中にずっと眠くてたまらない、

体がだるくて動かしづらい

肩こりが酷くて痛い

姿勢が悪く、顎と突き出すような姿勢を常にしているとのことでした。

今回は問診の段階で、1回から2回の施術で劇的に楽になると確信しました。

なぜなら、赤ちゃんから小学生の現在まで、怪我や打撲をしているとのことを教えてくれたからです。

怪我が古傷となり自律神経などを乱して不健康になる結果おこる体の不調です。

もちろん本人やご家族も、今は痛みも違和感も全くない過去の傷が原因になってるとは思いもしませんが、

臨床上、いくつも結果を出しているので、私個人の実体験では、そういわざるを得ないのです。

結果どうなったかというと、二回目の施術の前の問診の時に体調を聞くと

肩痛くない
おなかいたいのへった 
からだうごくようになった
肩が回しやすくなった
姿勢が悪かった から いつも顎だしてた 猫背も以前より改善している
眠気なくなった

こんな感じです。  
このブログを読まれている方は、回復の早さに驚かれるかもしれませんが、
私にとっては最初は驚きましたが、今となっては見飽きた現象なので、普通の事です。

古傷が原因の場合は劇的に良くなることが殆どです。
おそらく後3回以内で学校に行けるようになったりしてもらえるでしょう。

ちなみに、たまたま、よその自律神経失調症や起立性調節障害を扱っている整体のブログを目にしたのですが、
古傷が原因の起立性調節障害のお子さんが3か月かかって、やっとこさ日常生活がなんとかできるようになったと書いてありましたが、
3か月もかかって少し変化があるかなってのは、ちょっとどうかなと思います。

理由は古傷が原因の場合は劇的に1回から2回で劇的に楽になる事が殆どだからです。


池袋駅 徒歩一分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 未分類, 起立性調節障害 | コメントをどうぞ

起立性調節障害 18歳 女性 潰瘍性大腸炎の手術の後遺症?

起立性調節障害ではないかと医師からいわれて、当院が起立性調節障害の方に施術を行っているとネットで調べてHPを見て来院されました。

症状は3年前から常に吐き気がする、寝付くのに1~2時間がかかる

胃のむかつき 吐き気で気軽に外出が出来ない

一時、人工肛門をつけていたために出来た手術跡が、
術後から食後に腸が動き出すと必ず腹痛が起きる

他には、大腸を切除する手術でできた、鳩尾からへそ下までの縫い傷が3年経った今でも常に痛みがある。

というような事を体調について教えてくれました。

初回の施術から一週間後に来てもらうと、3年間毎日あった吐き気が8割ほどおさまったとのことでした。
それと潰瘍性大腸炎の手術跡が全く痛く無くったと教えてくれました。
しかしスト真をつけていてできた傷痕がまた痛いので、今回はそこを施術してほしいとのことでしたので、
もちろん対応しました。

3回目の施術前に体調きくと食後に必ず起きていた腹痛がしなくなったとのことでした。
人工肛門の後の手術跡も痛まなくなったとのことでした。
また吐き気もほとんどなくったそうです。

しかし、初回は吐き気で気軽に外出できないとのことでした。
最近は体のだるさから外出できないと感じるようになったそうですが、これは今後施術を数回受けて頂くことで、
順調に変わってくるので問題ないので、順調に回復しているようで安心して経過を見られそうです。

ちなみにお医者さんは、起立性調節障害鴨と言う様なことをおっしゃっていたようですが、
私個人の感想では潰瘍性大腸炎の手術をしたことにより体調がすぐれなくなった結果かなと思います。

ちなみに、余所の整体では何か月通っても全くよくならない話を聞きますが、
当院が特別というわけではなく、オステオパシーのもつ効果を存分に発揮すれば
普通はこういう感じで順調に良くなってくれるものです。

くれぐれも、効果が見られない整体院等に5回以上通う事はおすすめしません。


池袋駅 徒歩一分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 未分類, 起立性調節障害 | コメントをどうぞ