整体による起立性調節障害の回復度合いについて

こんにちは~ 誰に言ってるのだかわからないですど。

最近起立性調節障害と診断されて、当院に来られた方が教えてくれた話をさせて頂きます。

何処の整体院でもやってることかもしれませんが、当院でも初診はカルテを記入してもらって、

その後問診をして、施術をしています。

そこでどのように当院を知ったのか○を付けてもらうか箇所があるのです。

紹介で来られたという事なので、『どなたからのご紹介ですか?』と聞いてみると、

『余所の整体院に今回の起立性調節障害のことで、行った時に教えてもらいました』とのこと。

その流れからその整体院での話を教えてもらったのです。

内容が、問診の際に、そこの院長がカルテに書かれて住所を見て『通えますか通えませんか?』と言う話になり、『うちでは6か月から9ヶ月なおるのにかかるから、通えないなら話にならない』と言う様な態度を取られたそうです。で結局ただ話をしただけで4000円くらいとられて返ってきましたとのことでした。

で、その院長にあとネットで、こころとからだの整体院を調べてもらって、当院に来たという流れです。

この話どちらにも少々問題があるかなと思います。

通えないのに、一度来てなにがしたいのかな?と思います。一回で奇跡のように治るわけでもないし、それなら通える距離でしっかり治せる場所を探した方が、お互いのために良いのではと思います。こちらは一度来て治らないと、愚痴をいわれることもないし、しっかり通えるところ行ってもらった方が、双方にとって良いと思います。

でも、この後の話ってとってもむかつきます。

なにをもってして治る治らないって、話が大前提にあるのですけれど、細かい話は置いておいて

そこの整体院では起立性調節障害が治るのに6か月から9かえ月かかるって話なのですが、ありえないです。

起立性調節障害と診断された子供たちを何十人てか、もっと見ていますが、頭痛や吐き気が起きなくなるのなんて、2回から3回で十分です。でも、朝スッキリおきられるようになるのには、もう少し施術のチャンスをください;さすがに2回3回は無理です。上手くいく場合でも4回とか5回ください。はやいと2回とかあるんですがそれは非常に珍しいタイプなので置いておいて。通常は朝起きられない以外の不調が消えるには5回もあれば十分です。

そこの整体院の先生のHPみてみましたが、けっこうすごい事書いてありましたが、実際に行ってみたら、そんな長い期間かかるなんてこと後だしで説明してるんですか?て感じです。相当勉強不足で腕がないんじゃないの?と思います。

それと最初に6か月とか9カ月と説明して、お客さんが納得してしまえば、うちの子は状態が悪いんだ、そういうものなのだと思って、治っても治らなくても、通いつづけてしまいます。お店ぼろもうけです。何回も6か月から9ヶ月と言いますが、それだけかかったら、時の経過で勝手に治ったかも知れなくないですか?

たとえば、通うたびに頭痛や吐き気 腹痛が減ってきました、元気になってきました、これならまだ、整体のおかげかな?って言えると思うけれど、良くその程度の腕前で、ホームページで、起立性調節障害治せますって宣伝できるなと思いました。

そういう人の足元見た金の儲け方して、違和感とか疑問とか、わかないのかな?って正直神経疑いますね。

ホント声を大にして言いたいのですが、

整体とかカイロプラクティックに行ったら治っても治らなくてもお金払わないといけないんです。

逆にいうと、整体師やカイロプラクターって、この言葉語弊ありますが、治しても治さなくてもお金もらえるのです。

だから、飲食店みたいにすぐつぶれないんです。淘汰されにくい職種なんです。

だから、残念ながら、へったくそなお店がたくさんやっていけてしまう業界なのです。

自分もそうならないように、日々技術の向上に努めて、結果を出す代わりにお金をもらうように、

ベストを尽くしています。

くれぐれも、しょうもないお店に引っかからないようにご注意ください。偉そうなこと書いてますが、6か月9か月かかりますなんて、しょうもない事は言ってないので、書いてもいいかなと思って書きました。

 

池袋駅 徒歩2分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 池袋 整体, 起立性調節障害   パーマリンク

ご質問があれば、お気軽にどうぞコメントしてください。
名前はニックネームでも構いません。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>