こころとからだの整体院 7年目の始まり

こころとからだの整体院7年目が始まります。   はじめたころは33歳、今年で40歳になりました、、、年齢を書く時に自分の年齢実感しませんか?笑

今年は今日あった出来事書きます。

今朝、FBのメッセンジャーに20年くらい会っていない高校の同級生からメッセージが来ました。

当時と同じ砕けた感じでメールのやりとりをして、お互いの近況を軽く話して、

また会えたら会おうて感じで、終わりました。

何だかとても懐かしい感じがしたのと同時に、同級生とは別に、中学生から28才くらいまでずっと仲が良かった、かつての親友の事を思い出しました。

ある日ホントにくだらない理由でお互い連絡を取らなくなってしまいました。

それからは良く言う、なんだか心にぽっかり穴が開いたような感覚がずっとしていました。

かれこれ連絡を取らなくなってから10年以上、思い出すたびずっとです。

テレビのお笑い芸人が幼い頃から仲が良いとか、友達が大学の同級生と飲みに行くなど話を聞くたびに、かつてはおれにもそんな友達がいたのにと、親友を思いだしていました。

あいつはもう俺の事を忘れて、新しい友たちが出来て、楽しくやってるんだろうなとか、本当に仲が良かったので、もし彼が俺と似たような気持ちであるなら、友達を一人減らしてしまって申し訳ないと悔やんでいました。

そこでかつての親友と共通の友達に連絡して、彼に俺から連絡して良いかと確認してくれと頼みました。

冗談半分に、金か、マルチじゃなければよいよとの事でしたので、さっそく電話をかけてみました。

もしもし、〇〇か?とこちらが言うと、俺をそうやって呼ぶのは、お前しかいねえなぁと返事が返ってきました。

その後、こっちは負い目を感じて連絡をできなかったことと、向こうは向こうで、意地を張って連絡してこなかったという事が分りました。

向こうは自分が親友の事など、忘れて暮らしていると思っていたみたいでした。こちらも自分のことなど、とうに忘れて暮らしていると思っていたのです。じつは違ってお互い似たような気持ちだったのだと何となくわかりました。

話して言るとなんだが、ぽっかり空いた心の穴がうまっていき、気持ちが晴れていくのを感じました。

その後、お互いやっぱり話してるとなんかしっくりくるなって言う感じの事と、近いうちに遊ぼうぜってことで仲直りが出来ました。

ぶっちゃけ、もっと早くに連絡しとけばよかった;;

同じようなご経験がある方は、ぜひ連絡してみてください。

多感な時期を共にした友達は、大人になってから知り合った友人とは、また違った感覚があります。

向こうもきっと同じように思っているはずです。

ていうか、書くことがなかったので書くこと出来てよかったですw

軽い感じで書きましたが、じつは仕事をしていると、お客さんに生意気と言うか

アドバイスというか、偉そうなことをいう機会があります。

本音で話すので人によっては、時に逆効果だったりする時もあります。

逆に先生のアドバイスで癒された、悩まなくなった有難うと感謝されることも時々あります。

そういう時たま~に頭によぎっていたのが、幼馴染と連絡取れなくなっちゃって、その上謝る事も出来ない根性なしなのに、偉そうな口をきいて、俺はほんとしょうもない人間だなっと心の中でへこんでいました。

今まで幼馴染に、何度連絡しようと思ったかわかりません。

たまに知人にこのことを話すと、連絡して見りゃいいじゃん!と軽く言われたりしてましたが、

反応が怖くてできませんでした。

今日まで、当院に来られるお客さんの中で、何かしらの悩みを持って、向き合って暮らしている方々の姿を見てきてました。

そのおかげで自分は、いつまでも、うじうじしてたらダメだろっ、だらしねえなと連絡する勇気がもらえ、仲直りできたのです本当に感謝です。

これで正々堂々と偉そうな説教をお客さんにできますね!冗談です、本当にすみません;

結局ぜんぜん店と関係ない事ですが、店やりはじめてトップ3に入る、うれしい事でした笑

そうそう、去年のこの日のブログは、受付をしてくれる人に働いてもらうかとか書いてありますが、

現在、二店舗従業員3名、フランチャイズ1店舗になってました。

来年の今日のこの日が楽しみにできるように日々頑張ります。

今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

ご質問があれば、お気軽にどうぞコメントしてください。
名前はニックネームでも構いません。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>