起立性調節障害 良い事ばかり

良い事ばかり書いてもしょうがないので、今回は上手くいかない事もあるよと言うお話です。

起立性調節障害のお子さんが見えて5回ほど施術しました。
施術初回は体のどこを触ってもくすぐったいとのことでした。
その後施術の回数を重ねる度にくすぐったさも消えてきて、
体が正常に近づいているなと思っていたのですが、
5回受けても全く効果がないとのことでした。
最初効果がないと言われて本当なのか?と驚きました。

今年でも起立性調節障害のお子さんを何十人とみてきて、施術の回数もそれに比例して100を優に超える施術となり、効果が全くない方がいなかったからです。

しかし思い返せば反省点がありました。
当院に来られる起立性調節障害の方は、頭痛、めまい、腹痛、朝起きられない、立ちあがった時のふらつき、
寝て起き上がる時のふらつき、体が重い感覚、朝起きてから数時間たつと症状が落ち着く、などのこういった症状を最低二つか三つを抱えています。

しかし今回は腹痛だけとのことで、本当に起立性調節障害なの?と初回の時に疑問が湧いたにもかかわらず、
施術をしたことです。これは後になって身から出た錆になります。もう少し話を掘り下下ておけばよかったのです。

結果、最初に書いたように5回目の時に効果がないという事で、お話しする時間を設けて頂いて、もう一度問診をしてみました。
結果、学校がない時つまり夏休みや、冬休みなど他の子供たちが学校に行ってない時は症状は出ていない。
そして学校のない日曜日も腹痛は出ないとのことでした。
しかし医者の検査で起立性調節障害と診断されて、起立性調節障害は、こういう病気なんだととお話ししてくれました。

その後今回は最初の段階で、学校がある日ない日によって、症状の有無が変化することを確認できていたら、施術を受けていなかったこちらの判断ミスでしたと謝罪し、これまでの施術費用をお返しいたしました。
(今回は特別に此方の判断で、返金しましたが通常一切返金しません)
敏感な事柄にもかかわらず感情的にもならず、建設的に会話をしていただき、幸いこちらのお話も理解して頂くことができました。その後もし変化があったらご連絡いただけるという事で話を終えました。

今回は効果が出ない結果となり落ち込みました。
そこで記憶に残る、全く効果がない方を調べてみたら、去年の暮れが最後の一人でした。
それ以降は大なり小なり順調に回復してくれてる方々でしたので、全く効果がなかったという事は一年ぶりくらいでした。

ここからあくまで私個人の見解ですので不快な思いをされるかもしれません。読みたくない方はこのままページを閉じてください。もし読んで不快になっても自己責任でお願いします。

今回の子供はあくまで僕個人の独断と偏見となりますが、起立性調節障害と少し違うのでは?とにわかに思います。
理由は、病院は起立性調節障害の検査をして診断はしてくれます。しかし医学では原因もわかっていません。治療法は確立されていません。
つまり医学では原因も解決策も良くわかっていない症状にたいして診断しているのが現状だという事。二つ目の理由は私がこれまで施術してきた子供たちは、みな学校がない時に元気で、学校がある日は体調が悪いといった子は一人もいないからです。

上記の二つの僕個人の勝手な見解は今後当院で症例が増えて、そういった子が増えてきたら考えも変わるかもしれません。
今のところは、起立性調節障害ではない、色んな症状の子供も起立性調節障害に含まれてしまっているのでは?と言った見解です。

恥ずかしながら、学生の時に具合が悪くなってバイトを休む連絡をしたら気のせいか、なんか体が楽になったことがあります。

今は大人になって自分でお店を初めて5年が過ぎ、その後支店もだしたり、整体院なので肩書は院長なんてやってますが、登校拒否児だった時もかなり長い年月あります。
その時、確かに毎朝体がだるくなったり、トイレに行きたくなったりして親に訴えて学校に行かない時がありました。でも学校に行かなくてすむとなると、元気になってファミコンしてました。
僕の子供時代は起立性調節障害なんて病名自体なかったかもしれませんが、もしかしたら僕も起立性調節障害だったのかな。

今回の反省点は、当院が定める当院の適応範囲外の症状をよく確認せずに施術したことでした。
池袋駅 徒歩一分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 池袋 オステオパシー, 池袋 カイロプラクティック, 池袋 整体, 起立性調節障害   パーマリンク

ご質問があれば、お気軽にどうぞコメントしてください。
名前はニックネームでも構いません。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>