骨折の後遺症 20171003

自転車で
骨折の後遺症を何とかしたくて当院に来られました。
骨折した原因は自転車乗っている時に、スカートを巻き込んで転んだそうです。

その際に左上腕、肩のすぐ下の腕の骨が折れてしまったとのこと。

後遺症の具体的な状態は、
腕を前から上げようとしても、固まったような感じで肘から先は型より上に上がるが上腕が肩より上に腕が上がらない。
横から腕を上げようとしても、腕を前から上げようとした時より少しは上がるものの、前からあげた時同様に腕が真上には上がりません。
痛みは違和感などは、仕事を三日ほどすると何もしていなくても、痛みがあったり、重だるい感じがとてもつらいとのことでした。

痺れや神経痛のような症状は見受けられないとのことです。

施術をすると真上まではいかないものの、30センチほど可動域が広がりました。
他には不快感や痛みやだるさなどの症状を伺うと、引っ掛かりがなくなったのと、だるさがなくなり、軽くなったとのこと。

可動範囲は又話が少し変わりますが、骨折の後遺症や縫い傷の後の不快感や痛みは、3回ほどで感じなることが殆どです。
もし、これらで悩んでいるようでしたら、整体やオステオパシーやカイロプラクティックに行ってみるとよいかもしれません。

骨折の後遺症の改善・原因・施術

池袋駅 徒歩2分の整体院 東京 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 骨折 後遺症   パーマリンク

ご質問があれば、お気軽にどうぞコメントしてください。
名前はニックネームでも構いません。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>