2020仕事納め

2020は何をしたか覚えていないので、2019の仕事納めの記事を見て今年を比較すると、起立性調節障害の子供たちの改善度合いが早まっていたり、

糖尿病や不安障害などの改善実績が増えて、腰痛や肩コリと同じように、やれば必ず改善するという自信が持てて気軽に施術が出来るようになった。

気軽にと言うと語弊があるが、必ず絶対に何かしらの結果を出すと意気込んで施術に入るので、施術すれば自然と結果が出るようになると、その分だけ過剰に意気込まなくて良いという事。

それと自分が死んだらこの技術はなくなるというような事を去年の仕事納めの記事に書いたが、2020の末から2人教える事になった。

いざ教えてみると、数年前より教え方が穏やかになっているので、気が楽になった。

こだわりが強い分、教えるとなると求めてしまいその差が言葉や態度に出てしまうのが、自分でも情けないからだ。

結局自分の不甲斐なさから教える事をほぼ諦めていたが、こうしてまた教える始めることが出来たので良かった。

それと気功の技術や知識が一段と飛躍した年でもあった、勉強のために色々な気功の先生に出会い知識を授けてもらったり、技を伝授していただいた年でもあった。

そのおかげで整体と気功の一長一短の部分を上手くかみ合わせて色々な症状をより早く確実に改善することが出来るようになった年にもできた。

経営面でもコロナのなかで過去最高の売り上げを記録出来たり、リピート率も90%以上とかなり高い数字が出るようになった。(開業前の職場の数字で低いと50、高くて80%、1番高い人で90%)

特に何かを変えたことは一切ない、むしろさらに接客するのをやめてハッキリ物伝えることにした。

無理に物を伝えようとしたり、理解してもらおうとしても、余計な無駄なストレスがたまるからだ。

そう考えるとわがままになっていった年と言えるかもしれない、でもやっぱり技術は、これで良しと満足したことは一度もないし2020年も、いつも以上に新しい気付きや発見があって、また上手くなれた年であった。

そのせいでお客さんにお客さんを紹介して頂いたり、施術を受けてもらえる信頼度からリピート率が上がったのかと。

やはり自分には技術しかないと思うし、自分の得意な分野をとがらせて人の役に立つのが自分らしい生き方でもあると思う。

良い事ばかり話しても意味ないので、たま~に年に2回くらい施術代を返すことがある、理由は面倒だから、話を理解できない人や、頑固な人がいるからだ、そういう人は施術代を返して当院では無理ですと言ってお引き取り願っている。

本当は万人に上手に接することが理想なのかもしれないが、人は得意不得意があって、自分の長所短所を認めることも必要なのかもしれないとある意味開き直りと取れる考え方をしている。

しかし、予約はほぼ埋まっていて、お客さんも紹介していただいて、店が上手くいっているという事は、間違いではないという事でもあるかもしれない。

今後も度が過ぎず自分らしく、技術を通じて人の役に立つことで、お店を継続できたらと思う。

実は今日は2021の二日目、今年はどんな年にするかな?

技術を上げるのは当然の事、生徒を増やすか、ユーチューブやるか、また何か新しいことに取り組むことになるだろうけど、

習い事を始めたりと私生活を充実させる方に意識を向けてみようかとも思う。

改めて考えると10年目なげぇなし、がんばったな、

しかしまだまだ自分に納得いかないので、さらに向上するのみ。

日々精進

今年もよろしくおねがいいたします!!!

 

カテゴリー: 雑記 | コメントをどうぞ

揉み返しについて

揉み返しとは、一言でいうとただの怪我です。

整体師やマッサージ師が、揉まれる人の身体の状態を上手く読み取れずに、強く押しすぎたせいで、毛細血管が千切れた状態です。

そのせいで体がだるくなったり、押されたところが痛くなったり、具合が悪くなっているのです。

これを知識や技術のない整体師やマッサージ師は、好転反応と言ったり、身体が良い状態に変化する前の段階など、見当はずれなことを事実のように教えてしまいます。

そして、お客さんたちは素直に信じてしまい、肩こりや腰痛をその場だけでも楽になりたいけど、揉み返しがつらいから整体には行かなくなってしまうのです。

でも、マッサージに行かれたことがある方はわかる話なのですが、マッサージに行っても首コリ肩こり腰痛など楽になるのはその場だけ、翌日には元の辛さに戻ってしまいます。

なぜマッサージを受けても受けた当日しか肩こりなどが楽にならないのかというと、マッサージにはその日だけ楽になる効果しかないからです。

マッサージで楽になるよという方は、そもそも症状が重くないので、マッサージで間に合ってしまう程度の不調という事です。

筋膜リリースや骨盤矯正など、名前を変えても結局はマッサージの域を出ない手技では、良くはなりません。

では、どうしたらよいのかというと、体質を変えてあげる必要があります。

体質を変えるとは、肩こりや腰痛をしにくい体質に改善するのです。

とうぜんどうやったら体質を改善できるのか、体質を改善する方法があるのかと思われると思います。

これは正直、人の生きざまと同じで個人個人個別に悪いところが違うの、その体の状態に合わせた的確なテクニックがあるのです。

筋肉を押したり揉んだりはしません、押したり揉んだりしないならどうするのというと、

人体には筋肉以外に靱帯、内臓、神経など色々な組織があり、筋肉以外の部分を調整します。

そうすることで一般の整体法やマッサージではなしえない段違いの効果が発揮され、体質が変わっていき、その不調が根本から解決されるのです。

揉み返しになりたくない方は、マッサージ以外の整体を受けてみてください。

かならず改善できます。

カテゴリー: 雑記 | コメントをどうぞ

原因不明の20年来の背中のコリ

40代半ばの女性 ホームページを見て、息苦しさと背中のコリで来院されました。

 

話を聞くと階段を踏み外して右足の甲の骨にひびが入ったことがあるとのこと。

 

これまでに整体院数か所通ったことがあり、背中のコリは楽になったことがあるかと確認すると、1日2日は楽になることがあったが、すぐに元に戻るという。

 

それは、ただ単に、整体師だろうが、カイロプラクティックの人だろうが、下手なだけと説明したが、ピンときていないようだった。

 

真面目に話すと、よく言うのだが、物事には何事も原因があり過程があり、結果がある。

人と違うような一般的でない強い不快感や症状があるという事は、何かしら原因があるし、

 

その原因を解決すれば必ず改善するので、

根本原因が解決できていないだけで解決すれば必ず、20年来の背中のコリも解決で解決できるということ。

 

 

一通りこちらの質問を終えて、身体見てみると右鼠径部が以上に緊張しているのが分かった。

 

おそらくというか、改善実績から察するに、階段を踏み外した衝撃が鼠径部の筋肉など軟部組織に緊張をもたらして、背中のコリを誘発させているので、鼠径部が背中のコリや体のゆがみの根本原因といえる大きなゆがみの一つであるという事。

 

 

オイルマッサージやリラクゼーションサロンでは、鼠径部というと、馬鹿の一つ覚えのようにリンパがここはリンパがと言っているが、

 

鼠径部はリンパ以外にも、それぞれぶっとい動脈、静脈、神経が走っている重要な箇所である。

 

軽く触った瞬間にこちらは癌の部分を発見して、あ!と声がでて、お客は痛みであ!と声を同時に声を出した。

 

そこで、今まで右の鼠径部を整体などで施術してもらったことがあるか確認すると、

触って異変に築いてもスルーされて、他の部位を施術されてたという。

 

おそらく、悪いとわかっても、下手に触って余計に悪くなるかもとビビッて触らなかったか、技術不足のためにどうしたらよいか分からないから施術しなかったのだろう。

 

そして右の鼠径部を施術すると、通常で考えられない程に凝り固まった筋肉の緊張がほぐれ、触っても左右同じ感覚になり、触るだけで痛かった痛みや違和感もなくなった。

 

 

他の部位も一通り施術をして、背中のコリを確認すると、今は背中のコリは感じないとのこと。

施術前に座った状態で上を向くと可動範囲が狭まり上をう向けなかったのも上を向けるし、

上を向いた時の首が詰まる感じや痛みもなくなったとのことで施術を終えた。

 

カテゴリー: その他の改善実績 | コメントをどうぞ