あなたも思い当たりませんか?骨盤のゆがみから来る症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
骨盤の歪み

最近、普段に比べて疲れやすくなっていませんか?肩のコリや、腰痛など疲れがダイレクトに身体にダメージを与えていませんか?その原因は「骨盤の歪み」の可能性も・・・。

当記事では骨盤の歪みから来る症状について詳しく解説していきます。

巻末には骨盤の歪みを改善する効果の高いストレッチや、エクササイズも紹介します。疲れをとりたい!腰の痛みをとりたい!という方は必見です!

 

骨盤はどんな風に出来ているの?

骨盤は左右に一つずつ、腰に一つの計3つの骨で構成されています。それぞれの骨が関節で繋がっており、それぞれが絶妙なバランスで正常な状態を維持しています。しかし、骨盤を構成する骨組織に過剰な負荷がかかると骨盤が歪んでしまいます。

 

骨盤が歪むってどういうこと?

たくさんの人が、骨が曲がる事を「骨盤が歪む」と勘違いされています。

よほどの衝撃が無い限り「骨」は曲がりません。大きく分けると3種類(仙骨、腸骨、尾骨)です。

また骨の部位によって名前が変化していることが分かります。(坐骨、恥骨は腸骨の下部分)骨盤にある「寛骨臼」、「閉鎖口」、「恥骨結合」が骨盤と他の骨を繋ぐ「関節」です。

それぞれの骨自体が曲がるのではなく、関節のズレやねじれ、伸びにより、骨盤が正常な状態(骨盤を構成する骨の位置がずれる)になる事が出来ないのを「骨盤の歪み」とされています。

 

症状からチェック!骨盤に歪みがあると出る症状とは?

骨盤の歪みが体に引き起こす影響は、大きく分けて二つあります。

それは「体質への影響」と「身体のバランスへの影響」です。

「体質への影響」・・・「むくみ」、「冷え症」、「生理痛」、「肩こり」、「腰痛」などを指します。

これらの症状は骨盤の歪みだけが原因で起こるものではありません。しかし、症状がよりひどくなる引き金になっているのが「骨盤の歪み」でもあります。「生理通」を例にとりましょう。

骨盤が歪むと、子宮や卵巣、その周辺の血流やリンパの流れを妨げてしまうため、生理中の痛みがよりひどくなってしまう事が分かっています。また、なかなか改善しない「肩こり」や「腰痛」は、骨盤の歪みが体全体の骨格に影響を与えることで発生している事もあります。

「身体のバランスへの影響」・・・先程「肩こり」、「腰痛」について述べました。骨盤が歪んでいる人の特徴に「左右の肩の高さが違う」という症状があります。これは骨盤の歪みが身体全体に影響を及ぼし、身体が傾いた状態になっているということです。「猫背」も同じような事が言えます。

骨盤が歪む事で、背骨を曲げた方が楽な姿勢になってしまいます。人間は身体の負荷を弱める為に体のどこかで楽な体勢を取ろうとします。骨盤が歪んで、肩こりや腰痛を軽減する為に変化した体勢が、結果的に「猫背」を選択していると言えます。

また骨盤の歪みから「猫背」になると他の症状を引き起こします。

最近問題になっている「うつ病」もその一つ。

猫背になると頸椎が歪みはじめ、自律神経系のバランスを崩したり、脳へ血液の循環が行きづらくなったりします。すると、脳はストレスを感じやすく発散しにくい状態になり、心疾患につながってしまうという仕組みです。

 

骨盤を整えると骨盤の歪みから来る症状は改善するの?

もちろん骨盤の歪みが原因と特定されていれば、骨盤を整えることで症状を緩和する事は可能です。肩こりや腰痛などは劇的にとはいきませんが、徐々に緩和は感じられる人が多いです。しかし、油断しないでください。この質問の答え、正確には「NO」です。

骨盤を整えても症状が改善しない場合は、骨盤以外の問題が起きている場合があります。例えば、骨盤の歪みで背骨が曲がっており、肩こりや偏頭痛を起こしている人を例にとりましょう。肩こりは徐々に改善されているものの、偏頭痛が治らない場合、脳神経や脳血管の圧迫などの疾患が疑われます。これは、ズキズキとする痛み方なのか、ギューッとつねられるような痛みかで大きく変わります。

特に偏頭痛は脳に関わる重大な症状のサインの可能性もあるので、早めの診療が必要です。

 

自宅で出来る骨盤の歪みを改善する方法

骨盤の歪みに繋がる生活習慣をチェックしよう

これから骨盤の歪みに関係のある生活習慣をチェックするリストを掲載します。まずは自分の普段の生活に当てはめてチェックを付けましょう。

チェック項目 YES NO
仰向けに寝ることが出来る
足を組む癖がある
足組みをした際にどちらか一方の足が上にくる
常に同じ側の肩にバッグをかけている
左右の肩の高さが違う
5cm以上のヒールがある靴を良く履いている
靴の外側がすり減っている
電車やバスを待つ際、よく「休め」の姿勢をとっている
横座りやベタ座りをよくする
ストレスがある

「YES」に〇が付いた場合には、例え1つであっても、その生活習慣を見直すべきです。

骨盤に負担をかけるような「悪い生活習慣」は、骨盤の歪みを大きくし、例え完治したとしても、再発する可能性が高くなります。

まずは、自分の生活習慣を見直すことが先決ですね。

 

合わせてこちらの記事も読んでおきましょう。

たった5%の人しか知らない骨盤矯正のお得なメリットとは

女性必見!骨盤を整えれば痩せられるって本当なの?

骨盤矯正の効果はどのくらいの期間続くの?

 

骨盤の歪みに効くストレッチ法3選

簡単ストレッチ①腰を回す

最も有名で簡単な方法です。

①足を肩幅程度に開く

②両手を腰にあてがう

③そのまま腰を水平に回す

※ポイント①フラフープを回すようにする。

※ポイント②両足のつま先を前に向け、膝を曲げずに行う

④右回りと左回りに30回ずつ、朝と晩の1日2回行います。

※ポイント③疲れた時や、腰のコリを感じた時に行っても効果的です。

 

簡単ストレッチ②お尻歩き運動

①足を延ばして座ります。この時脚はまっすぐに伸ばしましょう。

②その状態で身体をひねって、お尻で前方に進みます。

③10歩前に進んだら、そのまま後ろへ10歩戻ります。

④インターバルを挟んで3セット行います。

ポイント※①骨盤を左右交互に前に出すイメージです。

このストレッチは骨盤の上に自分の体重を乗せて矯正することが目的です。

理学療法士の方からもオススメのストレッチ法です。

 

簡単ストレッチ③骨盤ねじり

①仰向けに寝て膝を立てます。

②左右のくるぶしと膝をくっつけましょう。

③そのまま足の力を抜いた状態で足を左右どちらかに倒して10秒キープします。

④この動きを左右10回ずつ行います。

このストレッチは「骨盤の位置を元に戻す効果」があります。

骨盤のねじれや、左右の高さの違いがある方にも効果的なストレッチです。

 

盤の歪みを改善するエクササイズ3選

骨盤の歪みを改善した後に、歪みを再発させないようにする為の簡単なエクササイズを紹介します。

簡単エクササイズ①四股トレーニング

相撲力士がやる「四股」。この効果は「骨盤周りの筋力アップ」が見込めます。

①膝とつま先を同じ方向に開きます。

②片足をあげる時に軸となる脚を伸ばして、反動をつけずに体重移動を行います。

この四股の動きは「骨盤の歪み」を治すのにとても効果的です。また、筋力トレーニングとしての効果も高く、相撲界はもちろん、空手や他のスポーツ界でもこの「四股」を取り入れたトレーニングを採用しています。

骨盤周りの筋力をアップさせる効果の他に、股関節も柔らかくなり、骨盤が歪みにくい身体を作る事が出来ます。

 

簡単エクササイズ②お尻上げ運動

骨盤を支える臀部(お尻)の筋力アップのトレーニングです。

①仰向けに寝て、足を肩幅に開きます。

②両手で身体を支えながら、腰とお尻を床から離します。

ポイント※①お尻、骨盤の順で上に上げます。

ポイント※②骨盤がぐらつかないように、お腹に力を入れましょう。

③上げた状態で3秒キープします。

④足を下ろして15秒程休みます。

⑤3セットを1日2回~3回行います。

ポイント※③就寝前、起床後に行うとより効果的です。

 

簡単エクササイズ③インナーマッスル強化呼吸トレーニング

このエクササイズの効果は、前述した「骨盤を立てる」為に必要な「体幹」を鍛える事が出来ます。

①仰向けに寝た状態で膝を90度に曲げます。

②写真のような状態になり、手で二等辺三角形を作ります。

③三角形が天井と平行になるように意識してください。

④三角形をキープしたまま、呼吸をします。

⑤息を吸って「細く、長く、遠くに」息を吐ききりましょう。

※ポイント・・・出来るだけ腹式呼吸を意識してください。

この時に三角形の内部が暖かく感じる事が出来れば、このエクササイズで筋肉に刺激を与える事が出来ている証拠です。

 

それでも症状が改善しない場合は?

ストレッチやエクササイズを行っても一向に骨盤の歪みが改善されない、症状が緩和されないという方は、すぐにでも病院で診てもらうべきです。骨盤の歪みが実は大きな病気のサインということもあります。

「ガン」や、腎盂炎などの内臓系の病気の他にも、女性特有の病気群(子宮がん、卵巣肥大、子宮筋腫等)も疑われます。自分がこれまで行ってきたストレッチの方法やエクササイズの結果を医師に伝え、正しい治療を受ける事をオススメします。

こちらも確認しておきましょう。

骨盤歪みに効果抜群!自宅で簡単にできる骨盤スクワットとは

一回の整体で圧倒的な効果を実感できる手法

体の不調は骨盤から?すぐ出来る骨盤ストレッチ集

 

まとめ

ここまで骨盤の歪みの症状を中心に、ストレッチやエクササイズ、または診療の重要性を説明してきました。一番重要なのは、ストレッチやエクササイズ、生活習慣の改善など「継続」することです。

「継続は力なり」とは良く言ったものです。

まさしく私達の骨盤の歪みは、良い習慣を「継続」することで、健康を維持し、より良い状態になるという事を、しっかりと覚えておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*