整体は骨盤矯正に効果的なのか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
整体 骨盤 矯正 効果

まず、押さえておきたいのはどんな時に整体に行けばいいのかと言うことです。整体にできることは、ギックリ腰や、寝違え、慢性的な体の痛み(肩こり、背中の痛みなど)肩が上がらない、または上げると痛みがあるなどのとき。

股関節の痛み、膝の痛み、骨盤の歪み、産後の骨盤矯正、抜けない疲れや倦怠感を感じる、自律神経失調症、スポーツの前後に行う調整など。

 

整体ではどんな症状をみてもらえるの?

整体に行くより前に、病院にかかった方がいい場合もあります。

例えば、生理痛がひどいなど問題は先に産婦人科で相談しましょう。産婦人科で検査をしてもらい何も問題ないようでしたら、骨盤の歪みなどの可能性が出てくるので、整体で見てもらえます。

ひどい頭痛の場合はまずは脳神経外科に行きましょう。脳神経外科で確認してもらい問題が無い場合は、首の問題で頭痛がある可能性があります。首の問題の場合には整体で見てもらうことができます。

交通事故にあった場合なども先に整形外科にかかりましょう。整形外科で改善が無い場合には整体に通ってみるといいでしょう。

このように整体にできることは、体の歪みが原因で起きている可能性のある物が多いです。逆に言えば、体歪みが原因の場合には整体で改善する可能性があります。

 

整体にできること      

整体は、慢性的な症状を改善するときに効果的です。腰痛や、肩こり、膝の痛みなど、病院では改善しなかった痛みの原因は整体でよくなる可能性もあります。レントゲンなどを映しても痛みの原因が確認できない場合には、体を整えることで傷みを改善出来る可能性があります。

世界で活躍しているようなスポーツ選手は、整体で歪みを整えたり、パフォーマンスを最大限に発揮できるよう整体で体を整えるようです。

緊張をほぐすため、リラックスのために整体を利用することもできます。緊張が続くと体は硬くなり、循環が悪くなってしまうため、整体で体を緩めて循環を良くします。リンパの循環もよくなるため、ダイエットにも効果があると言われています。

逆に整体でできないこともあります。整体では薬の処方や投与はできませんし、手術や注射なども行うことができません。体の歪み以外の問題がありそうな場合は先に医療機関を受けて、問題が無いことを確認して整体に通いましょう。また整体では、マッサージや鍼灸を行うことはできません。マッサージや鍼灸は資格が必要になるためです。整体鍼灸院と名前が付いている場合には、資格を持っていて施術ができると言うことを意味しています。

                     

整体での骨盤矯正方法

整体では、先ほども書いた通り、マッサージや鍼灸は行いません。ではどのようにして体を整えて行くのでしょうか。

整体は、体を整えて行く治療を行うところです。体を整えると言うことは、骨以外にも筋肉や筋も含まれますが、骨格の矯正、筋肉バランスを調整するなどを行って整えて行きます。

体の歪みが気になって整体に通う人ももちろんいますが、その結果として出てきた肩こりや背中の痛み、腰痛、膝の痛みなどで整骨に通う人も多いでしょう。また、何となく体が優れない、だけど病院に行ってもなにも原因が見つからなかったと言うことで整体へ行く人もいます。

整体では、体のバランスをまずは見ます。歪みがある場合、歪みを改善するために治療を行います。マッサージはその痛みに対して行っていきますが、整体では根本から改善していこうというアプローチをします。

 

整体、接骨院、整骨院、マッサージの違いは何?

整体は、上でも書いたように体の歪み、骨や筋肉、筋など全体を見て、体を整えて治療を行っていきます。肩こりそれだけを見るわけじゃなく、肩こりが起きる歪みなら改善をしていこうと言うわけです。

接骨院と整骨院は、呼び方は違いますが同じです。そのほかほねつぎとも呼ばれます。整体と似ているように思われますが、接骨院、整骨院は、柔道整復師が柔道制服術を行う場所です。不全骨折や、捻挫、打撲、骨折、脱臼、挫傷などの治療を行うことができます。ただし、骨折や脱臼の場合は医師による同意が必要になります。

マッサージと言う言葉は広く使われています。肩こりや腰痛のマッサージもありますし、美容のために行うマッサージもあります。マッサージをするためには「あんまマッサージ指圧師はり師きゅう師」と言う資格が必要になります。無資格の人がマッサージを行うことができないため、マッサージと言う言葉を使わず、トリートメントやタッチングなどと言う言葉を使う場合もあるようです。ここではマッサージを「あんまマッサージ指圧師はり師きゅう師」に絞って話すことにします。

「あんまマッサージ指圧師はり師きゅう師」の行うマッサージは、なでる、押す、揉む、叩くなど手技で行う療法のことを言います。

 

実際に整体を受けた人の感想とは?

ポキポキと音が鳴り、思っていた以上に痛いけど、終わった後はすっきりとする。と言った感想があります。ポキポキと音を鳴らさない、痛くない整体もあります。

この、ポキポキと鳴ると言うのは、体の硬さも関係があるかもしれません。私自身、体に歪みがあり、整体を受けたことがあります。私の受けた整体は、痛みは無く、ポキポキと音が鳴ることもありませんでした。

まずは歪みを確認して、体を斜めにひねったり、すごれっちのような動きなどをしました。右腰はギックリ腰寸前だったようで、何度か通い治してもらいました。一度にたくさん治すことは負担がかかるようで、少しずつ体の状態を見ながら治していきます。

このように、同じ整体でも、いろいろと違いがあるようですね。どのような整体が好みかにもよりますし、相性もあると思います。

 

整体にはどのくらい通えば成果がでるの?

整体に通う期間や、どのくらいのスパンで通うかについては、その人の体の状態にもよります。状態がきついうちはできるだけ間隔を狭めて受け、状態が良くなってくれば間隔を広げていくこともできます。

 

今はやりの自己整体ってどんなの?

もちろん、整体に通う必要のある歪みもありますが、まだ症状の軽いうちだったら、今はやりの自己整体を試してみるのもオススメです。

自己整体とは、自分自身で歪みを改善するエクササイズのことです。書店にも多くの自己整体の本が今ならんています。1つ1つは簡単なエクササイズですので、難しいからと途中で辞めることなく続けることができるでしょう。続けているうちに痛みが出なくなり、体が軽くなってきます。

自宅でできるエクササイズばかりなので、まずは試してみてもいいかもしれません。

 

自宅で自分でできる整体って知っていますか?

書店にも本が並び話題の自力整体ですが、以外とまだ知らない人も多いようです。自力整体は、家で、自分でできる整体方法で、歪みを整えるエクササイズを行います。

東洋医学を基本に考えられている自力整体は、生命エネルギーを増やして全身に巡らせる、と言うことを目的として自分自身で体の点検をしながら、凝っている個所を探し、自分で直していくと言う考え方です。

 

自力整体をすればどんないいことがあるの?

まずは、自力整体の利点を見ていきましょう。

自力整体をすると、体の歪みを整えることができます。整体に通ったりすることなく、自分自身で自宅でできると言うことが最大のポイントになります。自力整体の良いところは、流れを良くしてくれること、ツボや経絡を刺激して老廃物などを流してくれること、そして、骨盤の歪みを整えることができるところにあります。

自分の症状に合わせてできる方法がいろいろとありますので、自分オリジナルの自力整体のプログラムを組むことが可能です。

 

自力整体は難しくない

方法は、とっても簡単です。ストレッチや、ヨガの簡単なポーズともにた自力整体はゆったりと行う動きが中心で、自分の体と話し合うように、痛い箇所、動きにくい箇所などを点検しながら行っていきます。

 

具体的な自己整体の方法を解説!    

ネットで自力整体について調べてみましたが、残念ながら多くの有効な自力整体の方法について解説しているサイトを見つけることができませんでした。自力整体についてはたくさんの本も出ていて、書店にも取り扱いがありますので、一度見ていただければと思います。本にはDVDが付いているので、初めてする人でも理解しやすいようになっています。

症状別に始められる本や、初心者向きの本などたくさんの種類が出ています。 

          

まとめ

整体は、体の歪みから整えて行き、硬くなった筋肉の緊張を解きながら歪みを整えることによって、症状を改善しようと言う方法です。体の歪みは体調不良や、体の痛みとしても現れますし、流れが滞ることで冷えや、むくみ、老廃物がたまってしまうなどと言ったことも起こります。

整体にもいろいろとあり、ポキポキ音を鳴らす整体もあれば、鳴らさずに行う整体もあります。体との相性や好みもありますので、自分にあった整体師と出会うことも大切です。

体の取れないだるさや、各箇所の痛みの原因は歪みから来ていることもあります。それらは整体に定期的に通うことで改善していくことができますが、医療的な処置が必要かもしれないことについては、先に医療機関で検査を行ってから問題が無いことを確認して整体を受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*