骨盤矯正に効く!骨盤体操〇〇選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨盤矯正に効く骨盤体操をこの記事でご紹介していこうと思います。

骨盤の役目は?

骨盤の役割って何だと思いますか?意外と知らない骨盤の役割を、まずはしっかり確認しておきましょう。骨盤は体の中心にあり、体の土台です。

 

生殖器・内臓を守っている

骨盤の中には、内臓・生殖器があります。骨盤はこの内臓や生殖器を守って、支えています。骨盤が歪んでしまうと、生殖器や内臓が圧迫され負担がかかってしまいます。

生殖器・内臓自体にも問題が現れますが、もう1つは自律神経の問題です。内臓や生殖器に負担がかかることで、自律神経が乱れてしまったり、全身の循環器の働きが悪くなるなどと言った問題も起こります。

 

衝撃の吸収

二本足で歩く人間は、足からの衝撃が上半身に伝わっていくはずです。ですが、骨盤が歩いた時の衝撃を上半身に行かないように吸収しています。歩くたびに上半身にまで衝撃がいってしまうと体には大変な負担がかかりますが、その負担を取り除いているのも骨盤なのですね。

 

上半身を支える

骨盤には、背骨が繋がっています。その上に頸椎があります。整った骨盤、背骨だと体には負担が少ないですが、骨盤が歪み背骨のバランスも崩れてしまうと重さを支えるために負担がかかるようになります。正しい位置に骨盤があると言うことは、上半身の負荷をしっかりと受け止めることができます。

 

正しい姿勢で座れる

骨盤の一番下の骨、坐骨は座るときにとても大切な役割をしている骨です。座骨が水平に床に向かっていることで座っている時に上半身をしっかりと支えることができ、体に負担をかけないようにしています。

 

骨盤は自分で矯正できる?        

骨盤を整えるために自分でできるケアはいろいろとあります。「治す」ことのためにはストレッチ、エクササイズ、ヨガなどいろいろな方法があります。ですが、骨盤は歪みを治すだけではいけません。

歪まないように気を付ける必要もあり、普段から足を組んだり、頬杖をついたり、片方に体重をかけて立ったり、座るときバランス悪く片方に体重をかけることは歪む原因を作ってしまいます。いくら骨盤の歪みを整えても、クセを治さないとまた歪んでしまう原因になってしまいますので気を付けましょう。

整骨院などで骨盤矯正をするのと自分でするのとではどちらがいいの?と悩んでいる人も多いと思います。

骨盤矯正を自分でするのは怖いと思ったり不安と思ったりする人も居るかもししれませんが、自宅でできる骨盤矯正の体操やストレッチは無理に骨盤矯正を行おうと言うものではなく、骨盤周りをほぐしたり、動かしながら凝り固まった骨盤周りを緩めてあげるために行うので怖がらなくても大丈夫です。

                   

骨盤矯正を自分ですることと、整体に通うことの違いは?

骨盤矯正をしてくれる場所として思い浮かべるのは整骨院や整体院ではないでしょうか。整骨院と整体院には明確な違いがあります。

  1. 整骨院は、柔道整復師と言う国家規格を所有している術者が施術します。そのため、健康保険を使用できる場合も多いです。
  2. 整体院は、骨格や骨から問題が来る症状に対し、歪みなどを整えることです。整体師という資格は無く、保険が使えないことが多いです。整体に通う場合は、1回の施術で数千円から1万円を超える場合もあります。

ひどい腰痛があったり、きつい歪みなどの場合には自己判断で骨盤矯正の体操を行うよりも、整骨院や整体院に通う方がいいかもしれません。ですが、骨自体に問題が無いか、まずは整形外科で確認をしてから整骨院、整体院へ行くことをオススメします。

一方、自宅で骨盤矯正の体操をする場合には、まだ自分でケアできる場合にオススメします。どの体操も、それほどハードなものではなく、だれでも安心して取り組むことができます。

自宅で骨盤矯正の体操をするメリットは、

  • お金がかからないこと
  • どの時間帯でも気軽にできること
  • 通院の手間や時間がかからないこと
  • 普段から自分の体の変化を確認しやすいこと
  • 一度やり方を覚えたら、ずっとケアし続けることができる点

などで優れています。

普段から寝る前に骨盤矯正の体操をする習慣などを身に着けておけば、普段の生活で歪んでしまうことも多い骨盤の状態をフラットな状態に戻しやすいです。

 

骨盤の歪みと関係のあるクセとは?

骨盤は、普段の生活の癖や習慣などで歪んでしまうことがあります。骨盤矯正の体操を頑張っていても、普段の習慣を治さないとまた歪んでしまう原因になってしまうため、骨盤矯正の体操をするとともに、普段の生活の習慣も見直しましょう。

 

足をいつも同じ方を上にして組む

足を組む行為は、骨盤の歪み、股関節への負担を考えると組まないに越したことがありません。そんな中でも同じ方を上に脚を組んでしまうことは、骨盤をゆがませてしまう原因になります。

 

かばんをいつも同じ方に持つ

かばん以外にも、買い物袋など同じ方ばかりで持つのも要注意です。肩掛けのバックなどもつ場合は左右両方、交代で持つことをオススメします。

 

立っている時に同じ方ばかりに体重を乗せている

何もしないで立っているときなど、片方ばかり体重を乗せてしまっているようなら要注意です。骨盤にも片方ばかり体重が乗ることになるので気を付けましょう。

 

いつも背もたれにもたれかかる

体をまっすぐに保つことが難しい原因は、腹筋背筋の不足も関係します。まっすぐに姿勢を保つことがしんどいと言う人は要注意です。座るときに片方に体が傾いてしまう人も気を付けましょう。坐骨の両方に均等に上半身が乗っていることを意識して座りましょう。

 

歩く頻度が少ない

歩く頻度が少ない場合も要注意です。骨盤周りを支える筋肉の不足につながります。

 

ハイヒールを履いていることが多い

ハイヒールも骨盤の歪みにつながります。普段から履いているという人は、見直す必要があるかもしれません。

 

ストレッチをしない

体の筋肉や筋は柔らかく保っておく必要があります。なので、普段ストレッチをしていないと言う人は固まっている可能性があります。普段、ちょっとしたときにできるストレッチもありますので、ストレッチをするよう心掛けましょう。

 

簡単にできる骨盤の歪みチェック

まったく骨盤に歪みが無い人はなかなかいないかもしれません。ここでは、骨盤の歪みを簡単に自分でできるチェック方法を紹介します。

 

骨盤の歪みチェック①骨盤の開き

仰向けに寝転がり、かかとを揃えます。足の力を抜いて足の開く角度を見ます。80度から90度が正常です。開きすぎだけではなく、閉じすぎもよくありません。

 

骨盤の歪みチェック②左右の歪み

お姉さん座りをしてみましょう。正座をし、両足を同じ方へ崩します。股関節のあたりに痛みを感じる方があるようなら歪みがあります。

 

骨盤の歪みチェック③骨盤のねじれ

目を閉じて、片足ケンケンをしてみます。最初の場所から動いてしまうとねじれがあります。

 

骨盤の歪みチェック④骨盤の角度

床に背中を付けて立ちます。腰のあたりにこぶしが入る場合、手を開いても入らない場合には前後に傾きがあります。

 

自分で簡単にできるセルフ骨盤矯正体操〇〇選

ここでは、簡単にできるセルフ骨盤矯正体操を紹介します。無理のない範囲から始めてみましょう。すぐに効果を実感できるわけではありませんが、続けることが大切です。

 

骨盤矯正体操①おしり歩き

背中を伸ばし、床で足を延ばして座ります。足ではなく、お尻から前へ出すよう意識しながら、骨盤を使ってお尻で歩きます。手は胸の前でクロスします。前へ10歩歩いたら、次は後ろへ10歩歩きましょう。

 

骨盤矯正体操②骨盤キック

台や椅子などを持ち、両足で立ちます。息を吐きながらひさを曲げ、かかとでお尻を叩きます。各6回づつリズミカルに行います。

 

骨盤矯正体操③骨盤まわし

両足を肩幅に開いて、腰に手を当てます。腰を大きく右回しに回します。上半身はまっすぐを意識し、顔は前を向いたままにしましょう。右回し、左回しそれぞれ10回が1セットです。

 

骨盤矯正体操④骨盤ストレッチ

肩幅に脚を広げて立ちます。骨盤の両横に手を当て、右手で右側から左側へと骨盤を押し込むようにして骨盤の左側をストレッチします。左右それぞれ10回を1セットにして、3セット行います。

 

まとめ

普段運動不足の人、体の歪み、不調が気になっている人に骨盤矯正の体操はとっても有効です。骨盤は普段の習慣などで歪んでしまっていることが多いですが、症状がきつくなる前から自分でケアをすることをオススメします。

骨盤のゆがみ方にはねじれたり、左右で高さが違うなどいろいろな状態があるため、まずはチェックしてみて、自分の状態にあった骨盤体操を続けましょう。骨盤体操は、骨盤周りを伸ばす体操や、骨盤周りに筋肉を着ける体操などいろいろとあります。まずは緩めて、動きやすい状態を作り、次にしっかりと支える筋肉をつけていくことをオススメします。

骨盤矯正の体操をする時間は夜の入浴後など、体が温まっている時が最適です。それほど時間はかからない体操なので、普段から行う習慣をつけることがベストですね。

私自身、骨盤の高さに左右差があったことや、肩の高さが左側が低くていつもリュックの左肩ばかり外れてしまったり、いつも服が左側へズレてしまうなどの問題があり骨盤矯正を自宅で行いました。毎日できないこともありますが、数ヶ月続けたことで肩の高さに違いが減り、骨盤の高さが整いました。気長にする必要のある骨盤矯正の体操ですが、体の柔軟性も高まりいいことがいっぱいなのでとてもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*