うつ病の発症から続く体調不良

30代 休職中 男性

3年くらい前から症状が出ているとのこと

普段の生活では特に困る事がないけれど
困っていることは寝起きに体がだるくて起きられない
会社にうまく出勤出来ない
出勤途中の電車で気持ち悪くなってしまう
徐々に出勤できなくなってしまって、心療内科でうつ病と診断されて半年休職して現在に至るそうです。
 
また会社で仕事の最中に困っていた事は、

言葉が出にくくなってどもってしまう
ろれつが回らずうまく会話ができない
言葉に詰まったり、 物忘れが激しく思い出せない
物覚えが悪く記憶力が低下しているのがわかる
といったことです。

余談ですが、うつ病と診断された方が別の病院に行くと、自律神経失調症と診断されることも少なくないようです。

一週間に一回で二回施術を受けられて、三回目の施術の際に体調を伺うと
行動的になった 
姿勢が良くなった
どもったりせずに、以前と同じように喋られるようになった
頭が良く働いていないような感じだったが、良く回るようになったと教えてくれました。

また面接に合格して就職も出来て、働いているとのことでした。

しかし数回、朝どうしててもやる気が出てこないために、休んでしまったそうです。

4回目の施術の際にお会いした時は、会社にも順調に行けていて、
寝起きのからだのだるさや、言葉が上手く出てこない症状
記憶力や集中力の低下等の症状もなく順調に出勤しているとのことでした。

4週間後に5回目の施術にいらした際に症状を聞くと、
特に問題もなく順調に生活出来ていているとのことでしたので、
ここまで元気になれれば再発もないという事を伝えて施術を終えました。

最後5回目の施術は念のために来ていただきましたが、
正味1か月で4回の施術で復職して普通に通勤できていることを考えれば、
順調に回復してもらえたのかなと思います。

そうそう、余談ですが、うつ病や自律神経失調症を改善しますと宣伝している整体院はいくらでもありますが、
3回行ってハッキリ良くなっている実感がなければ、偽物なのでご注意を。

なんでこんなことを書くかというと、
いつかは良くなると信じて半年一年平気で良くならない整体院に通ってしまう方が本当にいるからです。

池袋駅 徒歩一分の整体院 池袋 こころとからだの整体院

整体・カイロプラクティック・オステオパシーを用いて、自然な手技で、あなたの体を整えます。

カテゴリー: 池袋 うつ病, 自律神経失調症 | コメントをどうぞ

起立性調節障害 10代女性 学生

起立性調節障害 10代女性 学生

中学生のころから起立性調節障害の症状が出て高校生の期間、大学生となった現在でも症状が治らないとのこと。病院から起立性調節障害と検査、診断された娘さんが、お母さんの紹介で見えました。病院の薬や、治療法、漢方以外の方法の治療法を探してこられました。

この方の症状は、頭痛、ふらつき、吐くほどでもない気持ちの悪いさ、モヤモヤ感、ボーっとする、呼吸が浅い、階段を上がると息が上がる、胃の不快感、顔のむくみ、関節のコリやいたみと自律神経失調症の方とほぼ同じです。大人でいうところの自律神経失調症、子供でいうと起立性調節障害といえます。

これらの症状はすべてでないし、頻度や差はあるものの、朝方や、夏場はほぼ毎日で夕方になるとと落ち着く時があるとのことです。

検査をしてみると自律神経の交感神経が優位になりすぎる状態が、体のサインとして表れていました。一つ一つ要因を取り除くと、副交感神経とのバランスが取れて、ずいぶん体が良い状態に変化していました。その後初回の施術から1週間後に再度検査と施術を受けてもらいました。

そのご初回の初回の施術から二〇日の期間が経って来意された際に症状を聞くと、直近の三日は具体が悪かったがそれ以前は普通に暮らせていたとのことでした。

直近の三日の体調不良は、台風による気圧の変化の影響なので、気圧のせいで体調が悪くなることもあるだろうが、一時的なものなので、再発するようなことはないと伝えました。

実際当院では自律神経失調症の方が多くみられますが、5年以上と期間が長い症状でも、さすがに一回でなんてことはありませんが自律神経系の症状では3回ほどで健康を取り戻すことが通常です。

整体等は店舗や施術者によって、腕は千差万別での世界です。ただ筋肉を揉んだり押したりのマッサージや、骨をボキボキするリラクゼーションのお店が治療と宣伝しているお店にはお気を付けください。

余所の整体等の代替医療に長期間通っている方や、なかなか治らない方は、良くなるまでに当院のように3回ほどでとまでは言いませんが、5回ほどで本当に確実にしっかりと元気になれる整体院等を見つけてください。 

カテゴリー: 池袋 整体, 起立性調節障害 | コメントをどうぞ

右足首 捻挫の後遺症 40代 男性  

捻挫後遺症 40代男性  

主訴は右足首の捻挫を去年11月にされてなかなか治らないということで当整体院に来院されました。 

鍼灸や接骨院等に通っていたが効果を感じることがなかったそうです。
その後時間が経過すると、かかとまで痛くなってきた、そしてふくらはぎや脛まで痛くなってきて常に張っているような感じがするし疲れやすくて困っているとのことです。

信号などで走る距離でも足がつりそうな感じがして怖くて走れなくなってきた そのくらいの距離でも、少し走るとピクピクと痙攣するようになった。
  
階段も足首が上手く動かないので降りる時に慎重になっているとのこと。

また疲れが溜まると足の甲や 指も痛くなってしまうとのこと。

捻挫の後遺症の施術は症例も沢山あるので正直とても簡単です。15分ほど施術をしました。

その後、外の踊り場を走ってもらうと、『走れる、正直驚いています』とのことでした。

また『ここに来る以前に治療を受けた、鍼灸師に言われたのが、『筋肉が損傷を受けて良い状態ではないから治るのは3か月くらいかかる』と言われたのに何でいきなり走れるようになったのか?』と質問されたので、簡単に言うと筋肉には問題はなく、体が自ら走れないように制限をかけていたのを解除したからですと伝えて施術を終えました。

それと『施術直後に走ってみろと言われたのは初めてです』と言っていましたが、当然だと思います。走れなくて困っているのだから走って確認してもらわないと効果が分らないですよね。

たぶん多くても後二回で何とも思わないくらいにはなりそうです。

『筋肉の損傷が激しいから三か月はかかる』といった鍼灸師の方がいると話していましたが、こういったことは余所で何かしらの治療を受けた来たほとんどの方から言われます。

すべての症状が今回の捻挫の後遺症のように上手くいくとは限りませんが、整体等に行かれる方は、あまり鵜呑みに受けて、効果をすぐに感じなれれば長期間通い続けない方が良いかもしれません。

カテゴリー: 捻挫後遺症 池袋, 未分類, 池袋 オステオパシー, 池袋 カイロプラクティック, 池袋 整体 | コメントをどうぞ